TOP> 導入事例一覧>導入事例詳細

国内外で紹介された多数の技術資料を
ご提供しています。CDNetworksの
優れた技術力を直接ご確認ください。
- 事例/資料

導入事例
shopify-logo-1000x6002

Shopify / ショッピファイ

URLhttp://www.shopify.com/

  • 設立2006年
  • 本社オタワ、カナダ
  • 主要事業オンラインストアのためのSaaS型eコマースプラットフォームの運営と提供
  • 配信エリアグローバル配信/海外
shopify2

お客様の声

オーストラリアを拠点とするオンラインストア運営者は、国内にあるCDNetworksの配信拠点を経由することで、あたかも北米で配信しているかのようなハイパフォーマンスなウェブサイトを手に入れています。もはや我々Shopifyも我々のプラットフォーム利用者もデータセンターやコロケーションなどのインフラ環境の整備に投資する必要はなくなりました。

Dale Neufeld / テクニカルオペレーション担当 ディレクター談

Share on LinkedIn
LINEで送る

Shopifyについて

果たして中小企業のオンラインストアは、単に商品を販売するという点で、大手オンラインストアと競争できるでしょうか。Shopify(www.shopify.com)の提供するeコマース・ウェブサイトプラットフォームの登場により、今日ではそれが可能となりました。Shopifyの革新的なソフトウェア・アズ・ア・サービス(SaaS)プラットフォームを利用した4万以上の中小企業が、わずか7年間で、世界中のオンラインユーザへ2200万以上の商品を販売することができるようになりました。

現在、Shopifyは、Github(ギットハブ)やThe Chive(チャイブ)といった中小企業からTesla Motors(テスラモーターズ)やGeneral Electric(ゼネラルエレクトリック)といった大手企業までオンラインストアを強力にサポートしています。

Shopifyは、新興企業のビジネスの成功に的を絞ってきたことが今日の成功の秘訣であると捉えています。Shopifyは、革新的な技術を生み出し、それを手ごろな価格で提供することで、成功を修めました。同社は、自社のSaaSプラットフォームを通してこれら技術的なサポートを提供しており、オンラインストア運営者は、オンラインストアの技術面(インフラ環境など)の整備をする手間が減り、自分が最も得意なこと、すなわち商品の開発と販売に集中することができています。

新しい挑戦

Shopifyは、お客様であるオンラインストア運営者の海外ユーザの増加に伴い、様々な国の買い物客のために最適なウェブサイトのパフォーマンスを提供する必要性を認識しました。そこで、Shopify は、CDNを用いて、ウェブサイトのパフォーマンス強化を図ることを検討しました。

しかし残念なことに、Shopifyにとっての急成長市場であるオーストラリアにおいて、CDNベンダーの配信拠点の充実度はとても低いものでした。オーストラリアを拠点とするオンラインストア運営者とオーストラリアおよびニュージーランドにいるエンドユーザのニーズに答えるために、Shopifyは、巨額なインフラ構築コストをかけることなく、この2つの国に最適な国内でも海外でもウェブサイトのパフォーマンスを向上する方法を模索していました。この地域におけるデータセンターの拡張コストは、極端に高価だったのです。

時を同じくして、Shopifyのウェブトラフィックは、米国およびヨーロッパで増加傾向にありました。Shopifyのネットワークエンジニアは、ハイパフォーマンスなウェブサイトの提供という他社と差別化されたShopifyの利点を持続するために、世界中どこからのアクセスにも高速かつ安定したウェブサイトパフォーマンスを発揮する手ごろなソリューションを模索していました。

CDNetworks導入の目的

Shopifyは、1つのソリューションで世界のすべてのお客様に対して最適なウェブサイトのパフォーマンスを提供すべく、オンラインストア運営者がビジネスを展開するオーストラリアおよび世界の国々において信頼性の高い安定した配信インフラを擁するCDNベンダーを探していました。

「我々には、米国、カナダ、およびヨーロッパにおける既存の大量のトラフィックを処理すると同時に、特にオーストラリアにおいてグローバルな成長を可能にする単一のソリューションが必要でした。」 とNeufeld氏は言っています。

また、Shopifyは、プラットフォームの利用がグローバルで増加しても安定した価格を確保する必要がありました。

「つまりこれは、グローバルトラフィックが増加し始めたというだけで、料金を吊り上げないベンダーを探すことを意味しています。」とNeufeld氏は続けています。

導入されたCDNサービス -コンテツ・アクセラレーション(CA)

今回導入されたCDNetworksのCAは、主に大容量コンテンツのダウンロード配信を非常に高いキャッシュ技術で高速配信するサービスです。

さらに、このCAサービスは、エッジサーバをグループ化してキャッシュしたコンテンツを共有する仕組みにより、一般的なキャッシュと比較してキャッシュヒット率が非常に高いため、より高速かつ安定的な配信を実現します。

サービスの詳細については、コンテンツ・アクセラレーション(CA)の説明ページをご参照ください。

CDNを選んだ理由:グローバルビジネスのためのCDN

Shopifyは、複数のCDNのサービス機能と価格を評価した後、世界中に配信拠点を持ち、独自の配信プラットフォームを擁する CDNetworksを採用しました。

「CDNetworksを選んだ理由は、同社は、我々が必要とする人材とインフラをすべての国に保有していたためです。また、同社は、我々の中核市場および成長市場において優れたウェブパフォーマンスを発揮する証拠も提供してくれました。」とNeufeld氏は説明しています。

100%稼働
CDNetworks のサービスを導入して以来、Shopifyのオンラインストア運営者は100%の稼働を享受してきました。これによりウェブサイトのユーザ利用満足度が向上するだけでなく、Shopifyのビジネス拡大にも寄与しています。

「我々は、ウェブサイトの稼働や最適化のようなIT技術といったことではなく、より小売ビジネスに集中したいお客様を引き寄せることができます。」とNeufeld氏は述べています。

CDN導入による他社との差別化

現在、ShopifyのSaaSプラットフォームは、中小企業および新興企業においてグローバルなeコマース市場をリードし続けています。事実、Shopifyのオンラインストア運営者の約30%は、北米以外のマーケットで事業を展開しています。

Shopifyのサービスは世界での人気が高まっているとNeufeld氏は言っています。

「オーストラリアを拠点とするオンラインストア運営者は、国内にあるCDNetworksの配信拠点を経由することで、あたかも北米で配信しているかのようなハイパフォーマンスなウェブサイトを手に入れています。もはや我々Shopifyも我々のSaaSプラットフォームを利用しているお客様もデータセンターやコロケーションなどのインフラ環境の整備に投資する必要はなくなりました。我々は、コンテンツ(安定資産)が高速かつ安定的に配信されることを知っているので、コアビジネスであるSaaSプラットフォームのためのインフラ環境の改善に集中することができます。」とNeufeld氏は締めくくりました。