TOP> 導入事例一覧>導入事例詳細

国内外で紹介された多数の技術資料を
ご提供しています。CDNetworksの
優れた技術力を直接ご確認ください。
- 事例/資料

導入事例
logo

トムソンズ・オンライン・ベネフィット/Thomsons Online Benefits

URLhttps://www.thomsons.com/

  • 設立2000年
  • 本社イギリス、ロンドン
  • 主要事業福利厚生を管理するアプリケーション「Darwin™」を提供
  • 配信エリアグローバル配信/海外
no-person

お客様の声

CDNetworksは、私たちが必要としていた、アジアを含む世界中での「Darwin™」の配信パフォーマンスとセキュリティ面での改善について、効果を実証しました。またCDNetworksの統合されたCDN配信プラットフォームは、アプリケーション高速化とSSLによるセキュリティ強化の両方を同時に実現し、私たちの事業の成長にもつながっています

トムソンズ・オンライン・ベネフィット 技術サービス部 部長 マーク・ケイ氏談

Share on LinkedIn
LINEで送る

—————————————————————————————–
”表示スピードとアプリケーションの応答時間が10倍速くなり、より高速でセキュアな福利厚生サービスへ”
—————————————————————————————–

2000年に設立されたトムソンズ・オンライン・ベネフィット(以下、トムソンズ)は、世界中の企業へ従業員の福利厚生を管理するアプリケーション「Darwin™」(以下、ダーウィン)を提供する、この業界におけるリーディングカンパニーです。設立以来、トムソンズは、この事業分野においてIT技術を駆使した革命児となることを使命としてきました。その目論見はみごとに成功し、トムソンズはこれまでに80以上の権威ある賞を受賞しています。そして、その内の25の受賞はトムソンズが顧客と共同で行ったプロジェクトに授与されたものです。

エンタープライズ市場へのビジネス拡大に伴い、ダーウィンは、18の言語に対応し70の国でサービスを提供しています。ダーウィンを利用するユーザ企業は、オンラインページから自社の従業員給付や手当を登録・管理できるようになり、もう紙の申請書を利用する必要はなくなりました。世界中に拠点を持つグローバル企業の間でダーウィンの人気は非常に高く、特にアジア地域において大きな成長をとげています。

「以前はページ表示に300秒(5分)ほどかかっており、これはエンドユーザの利用体験時の印象に深刻な悪影響を及ぼししていました。ダーウィンは従業員満足度に直結する企業にとって非常に重要なサービスです。そこで配信スピードをより高速にし、セキュリティを強化できる新しいサービスを導入したいと考えていました」 –ケイ氏コメント

課題:お客様情報を保護しつつ最適な配信パフォーマンスを提供する

—————————————————————————————–
”グローバル規模のパフォーマンス改善やセキュリティ強化にはデータセンターの運用統合が必要である”
—————————————————————————————–

トムソンズは、早急なグローバル規模でのパフォーマンス改善の必要性から、イギリスにある自社のメインデータセンターに加えて、香港に第2のデータセンターを拡張し、これによりパフォーマンスの大幅な向上を期待しました。ただしケイ氏チームは、香港データセンターで中国本土のパフォーマンス改善とデータのセキュリティ強化が管理できるのかについて、まだ確信を持てずにいました。トムソンズを利用する大企業の多くは、中国本土にも多くの従業員を抱えていましたが、グレート・ファイアウォールによりダーウィンの中国本土でのパフォーマンスが低下する可能性があるだけでなく、香港のデータセンターにはセキュリティ上のリスクがあるとも考えていました。

「従業員データなどの機密情報の管理者として、私達はダーウィンのパフォーマンスとセキュリティへの潜在的な脅威について、真剣にその対策に取り組みました」 -ケイ氏コメント

こうした中国に関連する問題を解決し、エンドユーザへより高速なダーウィンの利用環境を提供しながらアジア全域でのデータのセキュリティを確保するために、ケイ氏は新たな方法を模索しました。また、それと同時期に、ケイ氏チームは、米国およびその他の西側諸国の急成長するユーザ基盤へサービスを対応させるために、2つのデータセンターを追加して、データセンターを4つにすることを検討していました。しかしながら、ウェブサイトやアプリケーション配信のための新しいソリューションを模索する中で、ケイ氏チームはデータセンターの運用を統合する必要性を認識しました。

ダーウィンプラットフォームには、2つの標準的なアプリケーションが含まれます。
「これら2つのアプリケーションを、国別の規定と給付データに沿って配信管理をすることは、運用上の負担が多くなってしまいます」 -ケイ氏コメント

ケイ氏は理想的な配信ソリューションを見つけるために、その選定基準を設定しました。
1. セキュリティ   -SSLを利用した配信インフラであること
2. パフォーマンス  -アジア全域のウェブサイトやアプリケーションの配信パフォーマンスを大幅に改善する能力
3. インフラの統合化 -国固有のアプリケーションやコンテンツの世界的な配信業務を統合できること
4. 業務効率化    -アプリケーションの機能アップデートを世界中へ配信する業務を効率化できること
5. グローバルリーチ -南アメリカ大陸、中国を含むアジアへのサービス拡張に合致するPoP(配信拠点)があること

解決策:パフォーマンス向上と世界中で堅牢なセキュリティを提供するCDNを選択

—————————————————————————————–
”世界中へ向けて快適でセキュアなサービス提供を行うための費用対効果の高い唯一のソリューションはCDNである”
—————————————————————————————–

世界70の国々でウェブサイトとアプリケーションを高いパフォーマンスで提供する必要性がある中、コスト効率の高い唯一のソリューションはCDNであるとケイ氏は答えを出しました。さらに、グローバルでサービスを提供するいくつかのCDNベンダを比較した後、トムソンズが直面する課題を解決できるのはCDNetworksであると判断されました。

「CDNetworksには、私たちが世界中で直面するパフォーマンスとセキュリティの問題を解決する能力がありました。CDNetworksの統合されたCDN配信プラットフォームにより、配信パフォーマンス向上とSSLを利用したセキュリティ強化の両方を満たすことができました」 –ケイ氏コメント

ケイ氏は、機密情報保護のためにSSLを利用することがパフォーマンスの低下につながる可能性があると気付いていました。

「CDNetworksのCDNでSSLを利用する場合、エンドユーザに一番近いPoP(CDN配信プラットフォーム)でSSLサーバ証明書の確認ができる点に魅了されました。これは特に英国のデータセンターから遠く離れたエンドユーザのパフォーマンスを大幅に向上してくれます」 -ケイ氏コメント

CDNetworksの提供するCDNは費用対効果がとても高くトムソンズのビジネス成長に寄与しています。

「CDNetworksの統合されたCDN配信プラットフォームによって、アプリケーションの機能アップデート配信業務が効率化され、これが私たちに高い付加価値をもたらしています。私たちは、技術チームの増員をすることなく、はるかに大きな競合他社よりも迅速な対応が出来ています」 –ケイ氏コメント

結果:低コストで、よりセキュアで、より高速な配信パフォーマンス

ケイ氏チームは、わずか1週間でCDNetworksのグローバルCDNを実装しました。その効果はすぐに現れ、ダーウィンのアジアユーザの表示スピードとアプリケーションの応答時間は導入以前と比べて10倍も速くなりました。

—————————————————————————————–
”私たちは一夜にして競争力のあるユーザエクスペリエンスを得ることができました”
– トムソンズ・オンライン・ベネフィット 技術サービス部 部長 マーク・ケイ 氏
—————————————————————————————–

パフォーマンスとセキュリティの問題が解決したことにより、トムソンズは、サービスのグローバル提供について、より多くの大企業に自信を持って提案することが出来るようになりました。事実、現在テクノロジー企業上位10社のうち7社がトムソンズのサービスを利用しています。

さらにトムソンズでは、ビジネスのグローバル化とユーザ数が拡大している状況下で、英国にデータセンターを集約し、その運営を一箇所に統合しました。

「私たちはCDNetworks無しには、決してこのような運用体制の統合は実現できなかったでしょう。データセンターを4つに増やす計画から1つに集約してCDNを利用するという計画への変更は、複数の面で高い効果を生みました。ホスティング費用は4つのデータセンターを利用するよりもはるかに小額です。また、国別に技術担当者を置く体制は廃止され、収益を生むプロジェクトに携わるべき従業員の貴重な時間を捻出しました。さらに、私たちは70の国々のエンドユーザへの継続的なアップデート配信の一元管理を実現しています。」 –ケイ氏コメント

また、中国本土への配信について、ケイ氏は次のように述べています。

—————————————————————————————–
”今後、機密性の高いデータを持つ多くの企業が、中国本土へ向けたウェブサイトやアプリケーション配信のために、香港などの比較的近い場所に自社でホスティングを行う、という戦略を検討し直す例が増えるでしょう。なぜならCDNetworksのCDNを利用することで、パフォーマンスとセキュリティを高い水準に保ちつつ、リスクを最小限に抑えた事業展開が可能となるからです”
– トムソンズ・オンライン・ベネフィット 技術サービス部 部長 マーク・ケイ 氏
—————————————————————————————–