TOP> 企業情報>プレスリリース

CDNサービス専門企業として、世界100都市以上、
200を超える主要な配信拠点を保有している
アジア最大級、世界第3位のグローバル企業です。
- 企業情報

プレスリリース

2014.08.07
CDNetworks、「Application Performance 2014」へ出展
Share on LinkedIn
LINEで送る

報道関係者各位

プレスリリース

2014年8月7日

株式会社シーディーネットワークス・ジャパン

 

「Application Performance 2014」へ出展

app logo

株式会社シーディーネットワークス・ジャパン(本社:東京都新宿区、以下CDNetworks)は、この度、2014年9月9日(火)に御茶ノ水ソラシティ・カンファレンスセンターで開催されるセミナーイベント「Application Performance 2014」に、出展いたします。


本イベントは、「ITシステムのパフォーマンス改善」を主題に、ITシステムの構築・運用上で発生するアプリケーションパフォーマンスの低下防止、およびシステム運用コストの効率化、そして管理者の負荷軽減など、先進企業の課題解決のための取り組み事例が多数紹介されます。

CDNetworksのセッションでは、当社の欧米およびアフリカ中東における顔として長年その躍進を支え、数々の舞台を経験するジェフ・キム(代表取締役&COO、米州、欧州、アフリカ、中東担当)が日本で初めての講演をさせていただきます。

「アプリケーションパフォーマンスの低下要因と海外先進企業の取り組み事例」と題し、小売/EC、金融、ゲーム、モバイルアプリにテーマを絞り、企業が直面するパフォーマンスに関する課題とその解決策を、特に海外の先進企業の取り組み事例を交えてご紹介させていただきます。

多数のお客様のご来場および当社セッションへのご参加をお待ちしております。

<お申し込み> *事前登録制(参加費無料)
『Application Performance 2014』 http://www.f2ff.jp/ap/2014/

 

■開催案内

日時

2014年9月9日(火) 9:30-18:00

会場

御茶ノ水ソラシティ・カンファレンスセンター *地図

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-6

主催

株式会社ナノオプト・メディア

参加費

無料(要事前登録)

 

■CDNetworks セッション概要

講演枠

〔AC-07〕14:40-15:20 *Room C

タイトル

アプリケーションパフォーマンスの低下要因と海外先進企業の取り組み事例

~小売・金融・ゲーム・モバイルアプリにおける解決策~

講演者

CDNetworks Inc.  (米州、欧州、中東、アフリカ担当)

代表取締役、最高執行責任者 ジェフ・キム

概要

突発的なアクセス集中、リッチコンテンツの増大、システムの複雑化、ユーザーのグローバル化、デバイスの多様化、動的コンテンツ利用の増加、頻繁なアプリケーションアップデートなど、アプリケーションパフォーマンスを低下させる要因は様々です。本セッションでは、特に小売/EC、金融、ゲーム、モバイルアプリにテーマを絞り、企業が直面するパフォーマンスに関する課題とその解決策を、海外の先進企業の取り組み事例を交えて紹介します。

 

About CDNetworks

CDNetworksは、CDN(コンテンツ・デリバリ・ネットワーク)サービス専門企業として、世界中に分散配置する140を超える配信拠点(PoP)において日々40,000以上のウェブを高速化し、独自開発のグローバル高速配信プラットフォームを活用した大規模なサービス力で、エンタープライズ・アドテク・ソフトウェア・eコマース・ハイテク・メディアおよびゲームなど幅広い業界へサービスを提供し、多くの業界に関わっています。特に中国や東南アジア、そしてインド、中東、ロシア、アフリカ、中南米などの新興市場に自社PoPを持ち、企業のグローバルな配信をサポートしている唯一の、そしてアジア最大級のグローバル企業です。2000年に設立されたCDNetworksは、日本・韓国・中国・英国、そして米国にオフィスを構えています。詳細については、http://www.cdnetworks.co.jpをご覧ください。

 

[本件に関するお問い合わせ先]
株式会社シーディーネットワークス・ジャパン
マーケティング担当 増山、高橋
TEL: 03-5909-3373  Mail: marketing@cdnetworks.co.jp

プレスリリース内容をPDFでダウンロードする
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerダウンロードページはこちらから
プレスリリース一覧へ戻る