TOP> 企業情報>プレスリリース

CDNサービス専門企業として、世界100都市以上、
200を超える主要な配信拠点を保有している
アジア最大級、世界第3位のグローバル企業です。
- 企業情報

プレスリリース

2012.09.04
グローバルなトラフィックを柔軟にリアルタイムコントロールする新サービス 「クラウド・ロードバランサ」9月4日よりサービスを提供開始
Share on LinkedIn
LINEで送る

 

報道関係者各位

プレスリリース

2012年9月4日

株式会社シィーディーネットワークス・ジャパン

 

グローバルなトラフィックを柔軟にリアルタイムコントロールする新サービス

「クラウド・ロードバランサ」9月4日よりサービスを提供開始

 

cloud-loadbalancer

※①~③については下記参照

 

株式会社シーディーネットワークス・ジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役:鄭在勲、以下CDNJ)は、本日9月4日より「クラウド・ロードバランサ」を提供開始します。クラウド・ロードバランサは、コンテンツ配信時のウェブトラフィックマネジメントを、予め設定したポリシーに沿って、お客様自身でリアルタイムにコントロールすることができるクラウドベースのグローバル負荷分散サービスです。

 

グローバルに分散配置されたロードバランサは、CDNJのCDNサービスだけでなく、クラウド(IaaS)やデータセンター、オリジンサーバ(自社サーバ)といった他インフラとの組みあわせにおいても、柔軟・迅速・確実にトラフィックをコントロールすることが出来ます。

 

例えば、国内はオリジンサーバから配信、海外へはCDNサービスを利用、40%のトラフィックをクラウドサービスに割り当て、60%をCDNサービスに割り当てるなど、様々なポリシーを設定してお客様のビジネスニーズにきめ細かく対応することができます。

 

< クラウド・ロードバランサの特徴 >

コスト削減、パフォーマンスとお客様サービスの可用性の向上

クラウドDNSと同一のプラットフォームで動作するため、コスト削減効果、グローバルの名前解決のパフォーマンス向上、お客様サービスの可用性向上が実現できます。

 

柔軟なポリシー設定

コンディション(条件)とアクションを組み合わせることで複数のポリシーを設定することができます。また、設定したポリシーは世界各地に分散配置されたロードバランサにリアルタイムに反映されます。(例:ロケーションに応じて振り先を変える、パフォーマンスや稼働状況が最も良いサーバやサービスに割り振る、重み付けやラウンドロビンなどによる割り振りなど)

 

高度な管理

サーバのIPアドレスの登録や有効/無効化をお客様専用サイト(カスタマーポータル)で行うことができます。無効化されたIPアドレスは、ポリシーに反映されます。また、ヘルスチェック機能により、登録したIPアドレスを持つサーバのモニタリングが可能です。

 

このサービスについてさらに知りたい場合は、以下のホームページをご覧ください。

http://www.cdnetworks.co.jp/service/webperformance/cloud_loadbalancer.html

 

※ WPS(ウェブ・パフォーマンス・スイート):CDNJが提供するCDNサービスの総称。以下サービス詳細。

http://www.cdnetworks.co.jp/service/webperformance/index.html

 

[イラストの説明]

①お客様専用サイト(カスタマーポータル)上でポリシーの設定

②すべてのロードバランサにポリシーを迅速に反映

③Anycastにより、エンドユーザ最寄りのロードバランサで名前解決(サーバダウン時は次に近いロードバランサで名前解決)

 

以上

 

[本件に関するお問い合わせ先]
株式会社シーディーネットワークス・ジャパン
TEL: 03-5909-3373

プレスリリース内容をPDFでダウンロードする
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerダウンロードページはこちらから
プレスリリース一覧へ戻る