TOP> 企業情報>プレスリリース

CDNサービス専門企業として、世界100都市以上、
200を超える主要な配信拠点を保有している
アジア最大級、世界第3位のグローバル企業です。
- 企業情報

プレスリリース

2012.09.27
企業アプリケーションの海外配信を高速化「ダイナミック・ネットワーク・アクセラレーション」アップデートによる機能追加
Share on LinkedIn
LINEで送る

報道関係者各位

プレスリリース

2012年9月27日

株式会社シーディーネットワークス・ジャパン

 

企業アプリケーションの海外配信を高速化する

「ダイナミック・ネットワーク・アクセラレーション」アップデートによる機能追加

 

株式会社シーディーネットワークス・ジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役:鄭在勲、以下CDNJ)は、グローバルユースの企業アプリケーションのパフォーマンスを、セキュリティレベルを損なうことなく向上させる「ダイナミック・ネットワーク・アクセラレーション」(以下DNA)の機能をアップデートし、新たに「ルート最適化機能」および「UDPパススルー機能」を追加します。また、このサービスは本日9月27日より提供を開始します。

 

このたびのアップデートによる機能追加で、DNAはパフォーマンスと安定性のさらなる向上と、SSL-VPNのサポート範囲の拡大を実現します。

 

< アップデートによる機能追加の主な内容 >

■ルート最適化機能

海外配信時における通常経路(最短距離)の品質に問題がある場合、他のエッジサーバを中継サーバとして、通常経路を迂回する機能を付加します。これにより、パフォーマンスと安定性のさらなる向上を実現します。

■UDPパススルー機能

UDPパススルー機能を付加します。これにより、SSL-VPN接続を利用する場合においてTCPだけでなくUDPを利用する場合にもDNAをご利用いただくことができます。

 

-ダイナミック・ネットワーク・アクセラレーション(DNA)とは-

一般的に、海外のユーザが一元化された企業アプリケーションに接続するためには、距離が長く、帯域幅が狭く、輻輳が多く、必ずしもルートが最適化されていないミドルマイル(海外区間)を経由しなければなりません。またTCPプロトコルが持つ非効率性も課題となります。これらの要因が、アプリケーションのパフォーマンス低下を招き、ユーザ満足度や生産性の低下を引き起こしています。

 

DNAは、CDNJ独自のTCP最適化技術(ミドルマイル最適化技術)を施したセキュアなプラットフォームにより、SSL-VPNをはじめとするTCPプロトコルを利用したアプリケーションのパフォーマンスを向上します。また、データのキャッシュ・SSLの解読・復号処理などを行うことなく、データの健全性やセキュリティレベルを確保することができます。

 

① 最適な専用のエッジサーバにコンテンツをリクエスト
② セキュアなTCP最適化された区間を通ってリクエストを高速化
③ シールドサーバを通ってオリジンやイントラにリクエスト
④ セキュアでTCP最適化された区間を通ってダウンロードを高速化
⑤ コンテンツのアップロードも高速化

 

このサービスについてさらに知りたい場合は、以下のホームページをご覧ください。

http://www.cdnetworks.co.jp/service/webperformance/dynamic_net.html

以上

 

[本件に関するお問い合わせ先]
株式会社シーディーネットワークス・ジャパン
TEL: 03-5909-3373

プレスリリース内容をPDFでダウンロードする
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerダウンロードページはこちらから
プレスリリース一覧へ戻る