TOP> 企業情報>プレスリリース

CDNサービス専門企業として、世界100都市以上、
200を超える主要な配信拠点を保有している
アジア最大級、世界第3位のグローバル企業です。
- 企業情報

プレスリリース

2013.01.17
CDNetworksは、中東のオンライン・ショッピング環境向上のためにEtisalat社のSmartHubサービスと提携
Share on LinkedIn
LINEで送る

報道関係者各位

プレスリリース

2013年1月17日

株式会社シーディーネットワークス・ジャパン

 

CDNetworksは、中東のオンライン・ショッピング環境向上のために

Etisalat社のSmartHubサービスと提携

 

CDNetworksは、Etisalatとの新しいパートナーシップにより、中東でのサービスレベルを向上し、特にオンライン・ショッピングサイトのための優れた利用環境を提供します。

 

米国(2012年12月26日発表)- CDNetworks Inc.(本社:米カルフォルニア州サンノゼ、以下CDNetworks)は、Etisalat(本社:アラブ首長国連邦アブダビ、以下、エティサラート)とSmartHub(以下、スマートハブ)サービスを通じて地域戦略的パートナーシップを締結したと発表しました。この提携により、エティサラートはUAE国内におけるeコマースやオンライン・ショッピングの更なる事業拡大を目指します。

 

この度の、エティサラートとの提携により、トルコ、イラク、カタールそしてサウジアラビアに続き、新たにUAEがCDNetworksの中東でのオンラインビジネスを支える国として加わりました。現在、CDNetworksは、世界で140 以上の配信拠点(以下、POP)を保有しています。

 

UAEのオンライン利用者は人口の70%に上ります。UAEでビジネスを展開するお客様は、このエティサラートとのパートナーシップの実現により大いに恩恵を受けるでしょう。現在、中東にあるPOPに加えて、この新しいPOPを開設したことで、我々のビジネスエリアは更に拡大し、この地域においてオンラインで商品やサービスを提供している我々のお客様は、高速で安定した質の高い利用環境をユーザに提供することができるようになります。」とジェフ·キム(CDNetworks, 最高執行責任者/COO, US/EMEA担当)は言っています。

 

UAEには、安定した富裕購買層のベースがあり、オンラインで商品を検索して購入する人々が増加しています。マスターカードの直近の調査によると、UAEで売上が伸びている商品は、航空券、ホテル予約、家電ならびに衣類やアクセサリーであることが分かります。また、国際通貨基金(IMF)によると、UAEは、2011年一人当たりの国内総生産(GDP)が世界で7位の大きさであり、2012年はさらに3.5%の成長をする潜在能力があるとしています。これは、UAEがCDNetworksの旅行事業や小売り事業を主とするお客様のための重要な市場であることを示しています。

 

「我々はCDNetworksとビジネスが出来ることを大変嬉しく思います。信頼性の高い我々のスマートハブのインフラとCDNetworksのグローバル向けCDNサービスの組み合わせで、現地向けのリッチコンテンツを高速にストレスなく配信できるようになり、UAEのオンラインユーザの利用満足度を向上しています。」とアリ・アミリ(エティサラートUAE、執行副社長、キャリア・ホールセールサービス担当)は言っています。

 

「このパートナーシップとこれに類する活動により、我々はスマートハブのインフラを活用した最新のICTアプリケーションへの世界トップクラスの接続を実現しています。この分野における我々の主導的立場を維持するために我々は引き続き開発を継続します。」とアミリ氏は付け加えています。

 

CDNetworks 米国発表のプレスリリース[英語版]は、コチラよりご覧いただけます。

 

※ UAEの通信&インターネット利用レポート http://www.internetworldstats.com/me/ae.htm

以上

 

About Etisalat

エティサラートはUAEに本社を置く中東、アフリカでも有数の通信会社です。エティサラートは、個人、一般企業、国際通信企業、ISP、コンテンツプロバイダ、携帯電話事業へ携帯電話、固定電話、データサービスを包括的に提供する総合通信プロバイダです。 詳細については、http://www.etisalat.comをご覧ください。

 

[本件に関するお問い合わせ先]

株式会社シーディーネットワークス・ジャパン
TEL: 03-5909-3373

プレスリリース内容をPDFでダウンロードする
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerダウンロードページはこちらから
プレスリリース一覧へ戻る