CDNetworksは、ウェブサイト・ウェブアプリケーションの
パフォーマンス、信頼性、拡張性を向上させるサービスを
包括的に提供します。
- サービス&プロダクト

コンテンツ・アクセラレーション

サービス概要

コンテンツ・アクセラレーションは、ウェブサイトの表示を高速化するサービスです。 コンテンツ・アクセラレーションは、画像・動画・FLASHなどの静的コンテンツ(キャッシュ可能なコンテンツ)をCDNetworksが世界各地に分散配備しているエッジサーバから配信することで、ウェブサイトの高速化・安定化・信頼性向上を実現します。

配信距離が長い、配信するコンテンツが大量、アクセス負荷が高い、といった問題を抱えているウェブサイトの高速化に最適です。

コンテンツ・アクセラレーション概念図

① コンテンツがキャッシュされている場合には、最寄りのエッジサーバから配信
② コンテンツが存在しない場合には、エッジサーバがオリジンにリクエスト

特徴

経路最適化・配信距離短縮による高速化

静的コンテンツのリクエストに対し、距離・サーバ負荷などの観点で一番適したエッジサーバが応答します。エンドユーザとの距離が近くなるため、より速い配信が可能になります。

冗長化による安定性と高速化

国内であっても海外であっても、多重化されたサーバ、多重化された配信拠点から、多重化されたネットワークから配信します。恒常的な大量のアクセス、突発的なアクセス増の際にも安定して配信します。

オリジン環境のコスト効率化

静的コンテンツ配信の8~9割をエッジサーバが賄うため、オリジンサーバが処理するのは一部のキャッシュミスと、クエリ処理などの動的なコンテンツ配信のみになります。そのため、オリジンサーバおよび利用帯域の負荷を平準化・軽減化できます。

国内にも海外にも対応

コンテンツ・アクセラレーションは、国内にも海外にも配信できます。特に海外においては配信距離が遅延の主な原因となるため、ウェブパフォーマンスの向上が期待できます。

ネイキッド・ドメインでもCDN利用が可能

ホスト名(wwwやサブドメインなど)の無いFQDNをご利用でも、CDNを適用することが可能です。クラウドDNSを併せてご利用いただくことで、ネイキッド・ドメインの高速化を実現します。
 
 

▲ このページのトップへ戻る