RSS

2015/04/14

CDNがもたらす5つのメリット

Category:

Tag:

世界には24億人以上のインターネットユーザがおり、企業はグローバルな観点に立てば何百万人もの顧客を得る機会があります。当然課題はあり、そのひとつが「どんなに距離の離れた場所であっても最適なウェブパフォーマンスでの通信を実現する方法を見つける必要性」です。つまり、グローバルなインターネット取引に興味のあるユーザにとってコンテンツ・デリバリ・ネットワーク(CDN)は必要不可欠であるということです。この記事では、ウェブパフォーマンスを高めるためにCDNがもたらす5つの利点を紹介します。

 

 

1.世界中でのビジネスを可能にします

 

全世界の人口の34%がインターネットを利用しているという調査もある程、世界的なインターネット利用者数はこの10年間で急増しています。同時に、ビジネスチャンスをものにしようと、グローバルなコンテンツ配信の質を高めるCDNへの投資も増加しています。CDN事業者はオンライン取引を利用する企業に、世界中の配信プラットフォームを利用したクラウドサービスを通して、表示遅延(あるデータが起点となる場所から目的地まで伝わるためにかかる時間)の問題の解決策を提供することができます。今まで、離れた距離でのスムーズなオンライン取引や売上を妨げる原因になっていた表示遅延問題を解決することで、世界中のどこへ向けてもビジネスを展開することが可能になるのです。

 

 

2.信頼性の増大とレスポンスタイムの短縮ができます

 

「インターネットビジネスにとって、スピードと表示遅延の問題は既存顧客への売上にダメージを与え、さらには新規顧客獲得の妨げにもなります。もしページの読み込みやダウンロードに時間がかかれば、ユーザはそれを見ることをやめてしまいます。」この見解はTune Up社のウェブディベロップメント・オペレーション部長であるMatthias Spörlein氏のものです。そしてこの見解は、特にインターネットセールスを基盤とする組織にとってのCDNの重要性を言い表しています。CDNはダウンロードの速度をアップさせ、スムーズなオンライン取引を可能にすることで、企業の売上や顧客満足の増加を実現します。

 

 

3.グローバルCDN事業者の利用により、全てのサービスと地域をひとつにまとめられます

 

優れたCDNサービス企業は、ローカルな配信拠点としての役割、および高度な専門知識の提供だけでなく、グローバル展開さえも可能にさせる機能を持ったサービスをワンストップで提供しています。例えば、特定の地域でビジネスができているように見えて、実際にはその戦略を適切に実行できていない、といったケースは多々見受けられます。もし企業が専門的知識やそのエリアへの既存展開も無しに新たなマーケットでビジネスをしようとしても、それは困難なことです。グローバルCDN事業者は、例えば中国のようにファイアウォールによって規制されている国々へも既に展開しており、専門知識も蓄積しているので、積極的に活用するべきです。

 

 

4.分析ツールを得ることもできます

 

CDNはコンテンツ配信を高速化するだけでなく、広告戦略などにも有用なトレンド分析などの情報を提供してくれます。実際の例としては Golfweek社の事例に、動画の高速配信や詳細な分析レポート、そしてサイト利用者の満足度の向上をもたらしたことなどが記載されています。

 

 

5.コスト効率化を実現します

 

CDNを利用することは結果的にコスト効率化に繋がります。自前のITインフラや世界中の複数のサービス事業者に高い設備コストを支払うのに比べて、グローバル配信対応のCDNサービスを利用することでコストを効率化することが可能です。予算が限られている企業こそ、リーズナブルな値段でありながら世界中で利用可能な単一のプラットフォームであるグローバルCDNサービスの利用を検討することをお勧めします。

 

 

 CDNは費用対効果も高い上に、シンプルな1つのプラットフォームで世界中でのウェブパフォーマンスを最適化することができます。世界のインターネット利用者数が増加する現代において、グローバルにビジネスを展開していきたいと考える企業は、是非一度CDNサービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP