RSS

2015/08/04

シネマトゥデイのCDN導入レポート:動画や高画質画像を多用したサイトをコストパフォーマンス良く高速化

Category:

Tag:

今回は、株式会社シネマトゥデイのCDNサービス導入事例ダイジェスト版をご紹介します。
映画好きなユーザ、映画にそれほど興味の無いユーザの双方に楽しんでいただけるよう多彩なコンテンツを配信する映画専門ニュースサイト「シネマトゥデイ」は、2,400万人を超える月間訪問者数を抱え、日本を代表する映画専門ポータルとしてその地位を確立しています。

 

動画のほとんどはスマートフォンで見られている

同社のサイトには多数の写真や動画が掲載され、テキストでは与えることのできないインパクトを与えることで、ユーザをサイトに惹きつけることに成功しています。特に映画の予告編動画は、短時間で手軽に視聴できるということもあり、スマートフォンやタブレットを経由した視聴が70%を占めています。最近ではスマートフォン向けでも高解像度な動画が増えており、ファイルサイズやトラフィックは大きくなる傾向にあります。今後もスマートフォン利用者はさらに増加することが予想され、これまで以上に帯域が必要となることも予想されています。
こうしたリッチなコンテンツを高速に配信しているのが、CDNサービスです。
(スマートフォンからアクセスするユーザが増えるにつれて、トラフィックが想定以上に増えている、というお悩みはピーチ・ジョン様の事例でも見られました。)

 

CDNetworksを選んだ理由

既に別のCDNサービスを利用していた同社が、その契約をCDNetworksへ変更した理由として、次の3点が挙げられています。
1. サービス品質に対してコストパフォーマンスが高い
2. 柔軟にカスタマイズができ、顧客側の都合に合わせた配信を実現できる
3. 丁寧かつ迅速な営業対応、年中無休で日本語対応のサポート体制
以前利用していたサービスから、CDNサービスは「高額なサービスという印象があった」といいます。品質面、コスト面ともにクオリティの高い提案により、CDNetworksへの切り替えを決定いただきました。

 

短納期で切り替えを実現

CDNetworksのCDNサービスは、短期間でスムーズに導入でき、速やかに運用が開始されました。高速かつ安定した配信パフォーマンスにより、引き続きエンドユーザからの高い支持を得ることに成功しています。

 

導入事例紹介ページ、導入事例資料ダウンロード

株式会社シネマトゥデイ 導入事例の紹介ページはこちらです。
また、全文を収録した導入事例PDF資料をこちらから無料でダウンロードしていただけます。 株式会社シネマトゥデイが導入したCDNサービスは、コンテンツ・アクセラレーションです。サービス資料ダウンロードはこちらからどうぞ。

 

株式会社シネマトゥデイ 導入事例ダウンロード

PAGE TOP