RSS

2019/02/19

プログレッシブダウンロード/動画配信とその活用法①

Category:

Tag:

動画配信と活用法3

 

高まる動画配信の需要

 

通信回線の高速化、端末の高性能化にともない映像コンテンツを活用する機会が増えています。報道、娯楽、教育、広告、その用途は様々です。かつては独自の規格で提供されていたストリーミングと呼ばれる動画配信技術にも変化が起きています。そしてその変化はCDNにも影響を及ぼしています。

 

本ブログでは「インターネットにおける動画配信技術」を複数回に分けてご紹介します。

第1回の本稿は、最もシンプルな動画配信である「プログレッシブダウンロードの利用方法」について説明します。

 

 

動画配信の種類

 

インターネットにおける動画配信は主に以下の3つの技術が利用されます。

利用する際は配信元Webサーバだけでなく、視聴端末側も対応していないと動画再生できない点に注意が必要です。

 

– プログレッシブダウンロード

動画ファイルをダウンロードしながら再生する配信技術です。

HTTPプロトコルが利用され、多くのHTTPサーバ(Webサーバ)がこの技術に対応しています。手軽に導入できる上に視聴端末を選ばないという大きなメリットがあります。

 

– ストリーミング

ストリーミング専用プロトコルを利用する配信技術です。

転送速度はコンテンツのビットレートによって決まり、無駄なトラフィックが発生しません。映像再生に必要なデータしか転送しないため、映画など尺の長い動画配信に向いています。またライブストリーミングに対応しており、実際の映像と配信される映像の時間差(遅延)が小さいという特徴があります。

 

– HTTPストリーミング

ストリーミングの動画配信をHTTPプロトコルで実現する技術です。

汎用性の高いHTTPプロトコルを利用するため、従来のストリーミングでは難しかったスマートフォンでの映像再生に対応しています。また視聴環境にあわせて映像品質を変えるアダプティブビットレート(マルチビットレート)配信にも対応しています。

 

 

プログレッシブダウンロードの利用方法

 

今回は3つの動画配信方法のうち、最もシンプルなプログレッシブダウンロードの利用方法を説明します。

 

(1) Webサーバを用意する

プログレッシブダウンロードはApacheやNginxといった一般的なWebサーバで利用できます。

一般的な共有レンタルサーバサービスも対応しています。

 

(2) 動画コンテンツを用意する

プログレッシブダウンロードで映像再生する動画コンテンツをWebサーバへアップロードします。

再生可能な動画ファイルはWebブラウザによって異なりますが、現在は映像コーデックがH.264、音声コーデックがAACのmp4ファイルであればほとんどの環境で再生が可能です。

 

(3) HTMLファイルを用意する

動画コンテンツのURLをWebブラウザに入力するだけで映像再生が可能です。しかし多くの場合、WebページにPlayerを埋め込み表示させて映像再生をしたいはずです。”http://example.com/xxxxx.mp4″を埋め込み表示させて映像再生する場合は以下の通りVideo要素を利用します。

 

– 記述例

<video width="320" height="240" controls>
<source src="http://example.com/xxxxx.mp4" type="video/mp4">
</video>

– 再生画面イメージ

動画配信と活用法2

 

注意点としてWebサーバがレンジリクエストに対応している必要があります。特にiOSやAndroidといったスマートフォンはレンジリクエストに対応していない場合、映像再生そのものを行わないため注意が必要です。

 

 

プログレッシブダウンロードはCDNを活用しやすい

 

プログレッシブダウンロードはHTTPを利用したシンプルな映像データ配信であるため、HTTPのキャッシュシステムを主力とするCDNととても相性のよい技術です。多数のユーザが視聴する大規模配信、安定した配信環境が必要なコーポレートサイトの動画などさまざまな場面で活用できます。

 

 

CDNetworksの動画配信サービス

 

CDNetworksは動画配信に特化したプラットフォームを用意しています。日本国内はもとより、グローバルにプラットフォームを展開しており、お客様はそれらをいつでも手軽に利用して、世界中のユーザへ動画を高速かつ安定して配信することができます。

 

また、CDNetworksでは、動画コンテンツを管理するためのオンライン・ビデオ・プラットフォーム(OVP)も併せて提供しており、お客様の動画活用をワンストップでサポートしています。技術的なことに明るくない方も安心してサービスをご利用いただけるよう十分なヒアリングを行い、最適なサービスを提案いたします。

 

CDNetwokrsの動画配信サービスをご検討の際にはぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

 

==================================

■サービス導入に関するお問い合わせはこちら >>お問い合わせフォーム

■サービス概要について知りたい方はこちら >>ホームページ

■サービス資料のダウンロードはこちら >>資料ダウンロード

■サービス導入事例やホワイトペーパーのダウンロードはこちら >>資料ダウンロード

==================================

 

☟お気軽にダウンロードください

blog-ma-cta

 

株式会社シーディーネットワークス・ジャパン TEL:03-5909-3373(営業部)

 

PAGE TOP