入事例

RailEurope4A logo

レイルヨーロッパ4A/Rail Europe 4A

URLhttp://www.raileurope.fr

  • 設立1988
  • 本社パリ、フランス
  • 業種交通・運輸
  • 配信エリアグローバル配信/海外
no-person

お客様の声

ユーザからのウェブページの表示遅延についてのクレームが止んだ”という明確な変化があり、すぐに私達は正しい選択をしたと分かりました。

Rail Europe 4A 情報システムマネージャ Frédéric Herbeaux 氏

レイルヨーロッパ4Aについてと貴社が直面したウェブサイトの課題について教えてください。

レイルヨーロッパ4A(以下、RE4A) はパリに拠点を置き、アジア・オーストラリア・アフリカ・中近東に居住する人々が鉄道の運営会社に関わらず、ヨーロッパ全域の鉄道チケットを購入することができるウェブサイトを運営しています。また、レイルヨーロッパインク(Rail Europe Inc.)はニューヨーク・シカゴにオフィスを置き、アメリカ・カナダ・メキシコなど北米を中心とした旅行者に向けたサービスを提供しています。

RailEurope4A
図版 1. RE4Aのウェブサイトは13カ国語に翻訳され、12の通貨と14種類の支払方法に対応(www.raileurope.com.au, www.raileurope.cn, www.raileurope-japan.com, etc.

私達は当然のことながらグローバル企業であり、グローバル企業であることこそが私たちが直面した課題の根源でした。私達のお客様は複数のタイムゾーンにまたがる世界中に居住しており、いくつもの通貨、多様な言語を利用しています。

私達は、国内のエージェントやパッケージツアー会社を介して鉄道チケットを販売していますが、ウェブサイト上でも多くのチケットを直接販売しています。事業が拡大するにつれ、この成長を維持するためにはウェブサイトの配信インフラを改善する必要がある、ということに気づきました。私達は、たとえウェブサーバのある場所から15,000キロ離れたところにいるユーザへも、国境を越えてハイクオリティなウェブサービスを提供したい、と考えました。

—————————————————————————————–
”現在、私達はタブレットやスマートフォンなどの最新モバイルデバイス用に最適化されたウェブサイトを設計することができます”
– RE4A 情報システムマネージャ Frédéric Herbeaux 氏
—————————————————————————————–

課題解決のためにどのような技術を選択しましたか?

配信インフラの刷新を決定後、私達にはそれほど多くの選択肢はないことに気づきました。1つ目の選択肢は、プラットフォームを機能別に細かく分けて、各地域でインフラ運営をする方法です。しかしこれは、インフラの拡張性やアップグレードの実施において難がありました。2つ目の選択肢は、既存のインフラを活かしたままCDN(コンテンツ・デリバリ・ネットワーク)を利用する方法です。CDNは、私達のウェブサイトの配信を最適化するのに適していました。

各地域で今後直面するだろう数々の課題を考えれば、私達には2番目の選択肢しかありませんでした。そして、ウェブサイトの配信インフラの最適化により、私達はグローバルネットワークを急速に拡大することができ、同時に将来のアップグレードに備えることもできる、ということも分かりました。

次のステップは、CDNベンダの選択でした。最も重要な基準はロケーションでした。CDNベンダは、私達のユーザの近くにPoP(配信拠点)を持っていなければならず、この点がCDNetworksの際立っていたポイントです。CDNetworksは、地理的なリーチとキャパシティの両面において優れており、私たちは感銘を受けました。

まず私達は、CDNetworksが私達のニーズに合致したサービスであることを確認するために、パフォーマンステストを行いました。その結果、私達は適切なベンダを選択したと分かりました。さらに、CDNetworksは、どのコンテンツをキャッシュさせるかなど設定のカスタマイズについてもサポートしてくれたため、私達は継続的に付き合っていくことのできる信頼に足るパートナーを見つけることができたと確信することができました。CDNetowrksは、優れた機能を持ち、また優れたパートナーとして、最適な道筋を示してくれました。

CDNetworksのサポートのおかげで、わずか数週間で私達とお客様の両方のニーズを理想的に満たす配信環境を決定し、導入することができました。また、これが賢明な戦略的意思決定であったことはすぐに分かりました。オーストラリアなどのITインフラの整備がまだそれほど進んでいない地域でも、シンガポールのようにITインフラが完璧に整備されている地域でも、世界中どこへでも最高のパフォーマンスを提供することができたからです。

新しい配信環境では具体的にどのような効果を得ることができましたか?

配信インフラの改善による効果を測定するには、通常は複雑で精巧な測定プロセスを必要とします。しかし今回その必要はありませんでした。「ユーザからのウェブ表示遅延についてのクレームが止んだ」という明確な変化があり、すぐに正しい選択をしたと分かりました。

問題は低速なネットワークを利用していたことにあったのは明らかで、CDNの導入により問題は解決しました。現在は全てのユーザ、例えばパリ、シドニーロンドン、そして東京などその所在地に関わらず、いつ・どこでもほぼ同じ表示速度とパフォーマンスでウェブサイトの利用を楽しんでいただけます。

—————————————————————————————–
”ユーザからのウェブページの表示遅延についてのクレームが止んだ”という明確な変化があり、すぐに私達は正しい選択をしたと分かりました”
– RE4A 情報システムマネージャ Frédéric Herbeaux 氏
—————————————————————————————–

RailEurope4A 2
図版 2. 表示速度は2.5倍に、大幅改善

配信インフラの刷新により顧客満足度の向上を実現した後、私達はウェブサイトをより魅力的で使いやすくすることにより、さらなるユーザーエクスペリエンスの向上を図りました。グラフィックデザインを刷新し、旅行業界において必須である、アイキャッチ効果の高い目を引く写真を追加しました。さらに今では、タブレットやスマートフォンなど最新のモバイルデバイス用に最適化されたウェブサイトを設計することもできるのです。

CDNetworksは、このプロジェクト全体を通して、価値あるサポートと技術的なノウハウを提供してくれました。CDNetworksの技術チームは、CDN配信プラットフォームを最大限に活用する方法を伝授してくれました。

—————————————————————————————–
”私達のような企業にとって、技術に裏打ちされた「正しい道を進んでいる」と思えることは大変価値あることなのです!”
– RE4A 情報システムマネージャ Frédéric Herbeaux 氏
—————————————————————————————–

PAGE TOP