レスリリース

2012.08.28
高機能クラウドベースの新ストレージサービス「クラウド・ストレージ」8月28日よりサービスを提供開始

 

cloud_storage

※①~③については下記参照

 株式会社シーディーネットワークス・ジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役:鄭在勲、以下CDNJ)は、本日8月28日より「クラウド・ストレージ」を提供開始しますクラウド・ストレージは、高い拡張性・耐久性・容易性を誇るクラウド型のストレージサービスです。

クラウド・ストレージは、お客様のコンテンツ資産を容易に・確実に・低コストで管理することを可能とします。さらに、優れたグローバルリーチとキャパシティを誇るCDNサービスと組み合わさることで、CDNサービスの配信パフォーマンスをさらに向上させることができます。

 < クラウド・ストレージの特徴 >
■ 高い安全性
複数のリージョンに分散配置された耐久性の高いストレージにコンテンツを確実に複製することで、お客様のコンテンツ資産を安全に管理することができます。
■ 高い拡張性
クラウド型の提供のため、お客様のビジネス規模やロケーションの増減に柔軟に対応できます。
■ 容易なアップロードと複製
一般的なデータ転送方法でアップロード可能であり、選択したリージョンに迅速に複製されます。
■ ITコストの削減
ストレージに格納するコンテンツの容量と選択したリージョン数によって課金されるサービス利用型の課金形態となります。ストレージの構築と運用は不要です。
■ 高いパフォーマンス
CDNJのCDNサービスで利用されるエッジサーバは、キャッシュするコンテンツを最寄りのクラウド・ストレージから取得することで、キャッシュミス時のパフォーマンスを向上させます。

このサービスについてさらに知りたい場合は、以下のホームページをご覧ください。
https://www.cdnetworks.co.jp/service/webperformance/cloud_storage.html

※ クラウド・ストレージはCDNJのCDNサービスである「コンテンツ・アクセラレーション」「ダイナミック・ウェブ・アクセラレーション」「メディア・アクセラレーション」との組み合わせで提供されるサービスです。
※ クラウド・ストレージの配信拠点はグローバルに展開されています。現在、日本には設置していません。

[イラストの説明]
①アップロードされたコンテンツは、お客様が契約したストレージPOP全てに迅速に同期されます。
②エッジサーバは、エッジサーバに最も近いストレージからコンテンツを取得するため、キャッシュミス時のパフォーマンス低下を防ぐことができます。
③エンドユーザは最寄りのエッジサーバからコンテンツを取得します。

以上

[本件に関するお問い合わせ先]
株式会社シーディーネットワークス・ジャパン
TEL: 03-5909-3373

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerダウンロードページはこちらから
PAGE TOP