レスリリース

2016.03.23
中華圏向けECモール「パンダ王」のページ表示速度が8.8倍速くなり、顧客満足度とサポート部門の従業員生産性が向上、さらにクラウド型DDoS対策導入でサービス継続性を確保した事例を発表

 

pandakorea   logo

株式会社シーディーネットワークス・ジャパン(本社:東京都新宿区、以下CDNetworks)は、パンダコリアドットコム(本社:韓国ソウル、以下パンダコリア)が運営する中華圏の人々へ向けて韓国製品の輸出販売を専門に行なうオンライン商取引サイト「パンダ王(盼达网)」へCDNetworksの海外向けウェブ高速化および動的コンテンツ高速化CDN「ダイナミック・ウェブ・アクセラレーション」、中国向けウェブ高速化CDN「チャイナ・アクセラレーション」、そしてクラウド型DDoS対策「クラウド・セキュリティDDoS」を導入した事例を発表します。

CDN導入前の課題:
- 顧客の99%が中華圏居住者にも関わらず、利用中の韓国ISPは海外からの通信帯域幅に制限があり円滑なサービス提供が不可能だった
- 中国国内のホスティングを利用したウェブ配信は期待ほど配信品質が改善せず、逆に表示速度が遅くなり顧客からの苦情が増加していた

CDN導入後の効果:
- 表示速度が8.8倍速くなり、顧客満足度とサポート部門の従業員生産性が向上
- 増大するトラフィックをCDNで分散処理しオリジンの運用コストを効率化
- クラウド型DDoS対策の導入でサービス継続性を確保
- BtoB取引プラットフォームも展開し管理画面の表示速度改善で業務効率向上

CDNetworksが選ばれた理由:
- 中国国内に20以上の自社PoPを保有するグローバルCDNベンダだった
- レベルの高いサポート体制の維持、いつどこでも連絡が取れる上に迅速な対応

事例ページ:https://www.cdnetworks.co.jp/case/4698/

パンダコリア 技術本部 インフラサポート チーム長 ヤン・テサン氏のコメント:
「CDNetworksのCDN導入後の最も大きな効果は、ウェブサイト表示速度の改善と顧客満足度の向上です。海外向けウェブサービスを運営する場合、特にそのターゲット地域がインターネット通信環境が不安定な中国である場合には、CDNの利用はひとつの選択肢ではなく必要不可欠なものです」

CDNetworksは、これからもパンダコリアの中国向け配信パートナーとして、パンダコリアの顧客に最高のウェブパフォーマンスを提供し、DDoS攻撃の脅威からパンダ王のウェブサイトを守ることに最善を尽くします。

以上

‐ 導入されたCDNサービスについて –
■ダイナミック・ウェブ・アクセラレーション:
https://www.cdnetworks.co.jp/service/dynamic_web.html
■チャイナ・アクセラレーション:
https://www.cdnetworks.co.jp/service/china.html
■クラウド・セキュリティDDoS:
https://www.cdnetworks.co.jp/service/cloud_security_ddos.html

About CDNetworks
CDNetworksは、コンテンツ・デリバリ・ネットワーク(CDN)サービス専門企業として、世界中に分散配置する200を超える配信拠点(PoP)において日々40,000以上のウェブを高速化しています。独自開発のグローバル高速配信プラットフォームを活用した大規模なサービス力で、エンタープライズ・アドテク・ソフトウェア・eコマース・ハイテク・メディアおよびゲームなど幅広い業界のお客様へサービスを提供しています。中国や東南アジア、そしてインド、中東、ロシア、アフリカ、中南米などの新興市場においても自社PoPによって企業のグローバルな配信をサポートしている、唯一の、そしてアジア最大級のグローバル企業です。2000年に設立されたCDNetworksは、日本・韓国・中国・シンガポール・英国、そして米国にオフィスを構えています。詳細については、https://www.cdnetworks.co.jpをご覧ください。

[本件に関するお問い合わせ先]
株式会社シーディーネットワークス・ジャパン
マーケティング担当 増山、高橋
TEL: 03-5909-3373 Mail: marketing@cdnetworks.co.jp

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerダウンロードページはこちらから
PAGE TOP