レスリリース

2011.09.14
CDNetworks、グローバルインターネット高速化プロジェクト 「Global Internet Speedup Initiative」へ参画
Share on LinkedIn
LINEで送る

報道関係者各位
プレスリリース

2011 年9 月14 日
株式会社シーディーネットワークス・ジャパン

 

CDNetworks、グローバルインターネット高速化プロジェクト
「Global Internet Speedup Initiative」へ参画

~世界中のエンドユーザに対し、速く・信頼性の高い名前解決をする新技術の開発~

 

米国(2011年8月30日発表)-CDNetworks Inc.(カルフォルニア州サンノゼ CEO サミュエル・コー、以下CDNetworks)は、パブリックDNSサーバを運営するOpenDNS(カルフォルニア州サンフランシスコ CEO David Ulevitch)を含む複数企業の共同体が発足した「Global Internet SpeedupInitiative」に参画したことを発表します。このプロジェクトは、通信距離に起因するグローバルインターネットのウェブパフォーマンスの低下を解決することを目的としており、その中でもエンドユーザのリクエストが最初に集中するDNSについて、より速く・信頼性の高い名前解決※2を実現する新技術の開発を目指します。

 

DNSは、いわゆるインターネットの入口であり、エンドユーザはDNSによってドメインのIPアドレスを取得(以下、名前解決)することで、目的であるコンピュータやサーバにアクセスすることができます。しかしグローバル配信の際には、ユーザの所在地とDNSサーバの所在地の距離に起因して名前解決が遅延し、ウェブパフォーマンスが低下することがあります。この問題を解決するために、CDNetworksはIP Anycast※3化されたDNSを世界各地に配置し、常にエンドユーザに近い場所にあるDNSが名前解決するサービスを提供し、グローバル配信における名前解決のパフォーマンスを向上させてきました。

 

そしてこの度、世界中のエンドユーザのさらなる利用満足度向上のために、そして、グローバルインターネット通信のウェブパフォーマンス向上のために、我々はサービスの枠を超えて、新しい技術開発への取り組みに参画することといたしました。

 

OnenDNS CEO David Ulevitchは以下の通りコメントしています。
「CDNetworksがプロジェクトチームの一員となったことを大変嬉しく思います。CDNetworksは、世界中にいるネットユーザ数百万人のウェブパフォーマンス向上のための大きな助けとなります。」

 

CDNetworks Inc. COO ジェフ・キムは以下の通りコメントしています。
「私たちは日々、千社を超える企業のウェブサイトとアプリケーションのパフォーマンス向上を助けています。そして、このプロジェクトへの参加により、私たちはさらに世界中のエンドユーザのウェブサイトとアプリケーションのパフォーマンス向上のために貢献することができるでしょう。」

 

このプロジェクトについてさらに知りたい場合は、以下のホームページをご覧ください。
[ CDNetworks Inc. ブログ(英語)]
http://www.cdnetworks.com/blog/global-internet-speedup-initiative-a-look-under-the-hood

 

※1 Global Internet Speedup:Google やOpenDNS が提唱しているグローバルでのインターネットパフォーマンス向上を図るためのDNS 通信処理方法に関する新技術。(参考http://www.afasterinternet.com
※2 名前解決:ホスト名(ドメイン名)に割り当てられているIP アドレスを見つけ出し関連付ける一連の作業を指しています
※3 IP Anycast:複数のノードで1 つのIP アドレスを共有しサーバの分散配置を可能にする技術。通常、1 つのIPアドレスは特定(1 つ)のノードに割り当てられる。

 

以上

 

[本件に関するお問い合わせ先]
株式会社シーディーネットワークス・ジャパン
TEL: 03-5909-3373 

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerダウンロードページはこちらから
PAGE TOP