レスリリース

2011.08.25
CDNetworks、中東エリアでのウェブ高速化サービスを開始

報道関係者各位
プレスリリース

2011 年8 月25 日
株式会社シーディーネットワークス・ジャパン

 

CDNetworks、中東エリアでのウェブ高速化サービスを開始

 

米国カルフォルニア州(2011年8月16日発表)-CDNetworks Inc.(米国カルフォルニア州サンノゼ CEO サミュエル・コー、以下CDNetworks)は、イラク・イスラエルおよびサウジアラビアに新たに配信拠点を設置し、中東エリアでのCDNサービスを開始いたします。我々のグローバルネットワーク網に中東エリアが加わることで、高い収益性が期待される中東市場の飛躍的な成長をサポートします。

 

このサービスの開始により、中東向けにビジネスを展開している企業は、急拡大している中東のインターネットユーザに対して、ウェブサイトやウェブアプリケーションの高速配信をリーズナブルなコストで実現できます。一般的にこれまでの中東社会では、貧弱なピアリングネットワークとインターネットインフラの課題解決のための技術的な知識不足が要因で、高品質なサービスをエンドユーザに提供することが困難とされてきました。事実として、最新のIDC 中東CIO 調査では、各地域のCIO にとって2011 年の最大課題として人員配置の問題を掲げています。Jyoti Lalchandani(IDC 副社長、中東・アフリカ MD)は、60%近いCIO が「今年の最大の関心事として優秀な技術者の配置」という調査に関与したとしています。

 

CDNetworks US&EMEA オペレーションVP:ジェリー・ミラーは以下の通りコメントしています。
「CDNetworks が中東エリアでのCDN サービスを開始することで、コンテンツプロバイダが収益性の高い中東諸国など、世界で最もチャレンジングな市場で成功するのをサポートします。また、イラクにおける私たちのインフラ網の存在は、ウェブコンテンツとウェブアプリケーションを世界中どこへでも高速配信するというCDNetworks の優位性を真に決定づけるものです。」

 

様々な要因で、中東のウェブパフォーマンスはしばしば低下し、不安定になります。これは主要なネットワークが少ないことや貧弱なネットワークピアリング、そしてインターネットインフラ整備のための政府援助が不十分であることが原因とされています。また、近年のこのようなネットワーク事情により、各サービスプロバイダは中東のユーザにコンテンツを配信する場合、西ヨーロッパ経由のルートを使うことを余儀なくされています。これが中東でのウェブサイトとウェブアプリケーションの表示速度を遅くし、エンドユーザの離脱を引き起こしている根本的な要因です。その上、大手コンテンツプロバイダのブランドイメージにダメージを与え、その地域での収益成長の妨げとなってきています。

 

CDNetworks の中東進出は、ブランド力のある高トラフィックウェブサイトを有する多くの企業にとって、吉報となります。

 

ラジオオランダワールドワイドのJeroen Keulemans は以下の通りコメントしています。
「私たちは、CDNetworks が中東を含む新興市場へ進出し続けている事を大変評価しています。私たちのコアミッションの一つは、情報伝達のためのインフラ基盤が未熟な国々に最新の情報を提供することです。私たちは、多くの企業と接触をして検討を重ねた結果、CDNetworks が最もグローバルリーチに優れた私たちに適した唯一無二のパートナーであると確信しています。」

以上

 
[本件に関するお問い合わせ先]
株式会社シーディーネットワークス・ジャパン
TEL: 03-5909-3373 

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerダウンロードページはこちらから
PAGE TOP