中国の新サイバーセキュリティ法 ガイドライン/China's Cybersecurity Law

中国のルール変更はWebサイト提供とCDN利用にどう影響するのか?

中国の”新”サイバーセキュリティ法ガイドライン

新サイバーセキュリティ法について

2017年6月1日、中国では新しい「サイバーセキュリティ法」が施工されました。これは、サイバー空間における中国の主権確保と個人情報保護やネットワークにおける安全保障を目的としています。つまり、ルール上では中国の個人情報を国外に持ち出すことが厳しく規制されたため、日本企業を含む外国企業は、中国でインターネットビジネスを運営する場合に、中国内に個人データを保存しなければならず、そのためのネットワーク運営者を中国内に置く必要性が発生することになります。加えて、すべてのCDNプロバイダと中国内でCDNを利用してWebサイト配信をしているドメインも、この新しいルールを遵守しなければなりません。

中国政府は、中国内に存在するすべてのドメインについて調査する予定にしているといいます。当然ながらこの新ルールは、新しく登録されるドメインだけでなく、これまで準拠していた既存のドメインにも適用されます。万が一、お客様のドメインがルールを遵守していないと通知された場合、この要件を満たすまでの間、そのドメインを利用するすべてのWebサービスを一時的に停止する必要に迫られます。つまり、この新しいルールは以前と比べてより強化されてより義務化されているため、これに準拠しなかった場合にドメインがブロックされるリスクが増大しているのです。

CDNetworksは、このルールに関するさまざまな重要情報を収集し最善の対処法についてのアドバイスを適宜行っていますが、お客様のドメインで提供されるコンテンツが、常に最新のルールに則って運営されているかについての定期的なチェックは、お客様の情報ネットワーク運営者の責任において行っていただく必要があります。新しいルールをより深く解釈し、これがお客様のインターネットビジネスに与えるリスクと影響をよく理解した上で、中国でのWebサイト運営を進めることが重要です。

CDNetworksは、以下4つのルールについて遵守することを強くお勧めしています。

  • ICPライセンス

    ICPライセンス

    中国政府の工業情報化部(MIIT、工信部)が発行するもので(通称ICP Bei‘An[備案:ベイアン])、中国内でWebサイトを利用した情報発信やビジネスを行うすべてのドメインが取得しなければならない必須のライセンスです。

    詳しくはこちら
  • 中国のオリジン

    中国のオリジン

    中国内で提供されるすべてのコンテンツやデータを含む情報を、中国内にホストしなければならないとされています。これは、CDNまたはその他ネットワーク事業者のプラットフォームを通じて配信されるWebサイトに対しても適用されます。

    詳しくはこちら
  • 中国のレジストラ

    中国のレジストラ

    すべてのBei‘Anを持つドメインは、中国内で名前解決するIPを持たなければならず、そのために中国ローカルのドメインレジストラにドメイン登録と管理を委託しなければならないとされています。

    詳しくはこちら
  • PSBライセンス

    PSBライセンス

    PSBライセンスは、中国政府の公安局(PSB)が発行するもので(通称PSB Bei‘An[備案:ベイアン])、中国内でWebサイトを利用した情報発信やビジネスを行うすべてのドメインが取得しなければならないとされているライセンスです。

    詳しくはこちら

お問い合わせ&資料ダウンロード

チャイナ・アクセラレーションについて問い合わせをする

サービス資料

チャイナ・アクセラレーション
チャイナ・アクセラレーション/China Acceleration

当社は中国に自社法人及び配信インフラを保有する、唯一のグローバルCDN企業です。中国国内に多数のPoPを保有しているため、中国向けのコンテンツを高速・安定して配信できます。また現地に自社法人がある強みを活かし、中国向け配信をトータルでサポートします。

サービス資料ダウンロード

サービス全般に関するお問い合わせ

お問い合わせは、以下よりお気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら
PAGE TOP