クラウド・セキュリティ・ボットマネージャ

ボットによるアプリケーション層へのサイバー攻撃を未然に防御する

サービス概要

クラウド・セキュリティ・ボットマネージャは、 グローバルなCDNプラットフォームと統合されたクラウド型のボット防御対策です。急増するボットによるサイバー攻撃を未然に検知しブロックする多彩な機能を搭載しており、ウェブセキュリティの強化を図るとともに、パフォーマンスと可用性の高いウェブ配信を実現します。また、ボットによる未知の攻撃(ゼロデイ)の検知にも役立ち、より広範囲でさまざまなタイプの攻撃からウェブサイトを保護し、サービス継続性を保つことでユーザエクスペリエンスを向上します。

クラウド・セキュリティ・ボットマネージャは、多数の導入実績があるCDNとそのプラットフォームを基盤に作られており、導入が非常に簡単です。DDoS攻撃防御対策「クラウド・セキュリティ DDoS」、ウェブの脆弱性対策「クラウド・セキュリティ WAF」と併せて利用することで、お客様のウェブサイトやウェブアプリケーションを保護する強固なセキュリティ基盤を構築することができます。

サービス概要図

クラウド・セキュリティ・ボットマネージャ サービスイメージ

特徴

悪性ボットを検知・ブロックし、良性ボットからのアクセスを許可

IPレートリミッティング、Javascriptチャレンジ、キャプチャ、デバイス・フィンガープリント・チャレンジ(DFC)、ヒューマン・インタラクション・チャレンジ(HIC)の5つのレベルで悪性ボットを検知・ブロックするための設定ができます。また、検索エンジンのような良性ボットからのアクセスを許可するホワイトリスト機能も備えています。

柔軟性の高いポリシー設定に対応

アクション数、閾値と閾値の時間などの設定が簡単にできます。また、エラーページを表示させたり、その内容をお客様がカスタマイズすることも可能です。

トラフィック軽減によるウェブサーバ環境のコスト効率化

悪性ボットから発生するトラフィックを減らして不要なコストとリソースを節約します。

ボットマネージャ専用のプラットフォームを世界中に分散配置

ボットマネージャプラットフォームは、グローバルに豊富なキャパシティを有し、分散配置して冗長化されています。

CDNとの統合による高パフォーマンスな配信

世界100都市以上に分散配置し冗長化されたCDNプラットフォームにより、パフォーマンスと可用性の高いウェブ配信を実現します。

24時間365日、セキュリティ専門エンジニアが監視・サポート

セキュリティ専門のエンジニアが24時間365日、大切なウェブサイトやウェブサービスを監視し、守ります。

便利な管理ツール:ボットマネージャポータル

攻撃ログの参照に加え、さまざまな条件で検索できる統計情報の参照とエクスポート、アクセスコントロールのためのアラート設定機能などが提供されます。

プロダクト情報

クラウド・セキュリティ.ボットマネージャについて問い合わせをする     

CDNetworksのプロダクトラインナップについては、以下をご覧ください。

ウェブ・パフォーマンス・スイート

導入事例やホワイトペーパー、会社概要などの資料ダウンロードは、以下よりどうぞ。

資料ダウンロードはこちら

サービス全般に関するお問い合わせ

お問い合わせは、以下よりお気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら
PAGE TOP