アプリケーション高速化 

キャッシュできない動的コンテンツやウェブアプリケーションも高速化

アプリケーション高速化

動的コンテンツやウェブアプリケーションの高速化が必要な理由

最近、2つの主な理由から動的コンテンツやアプリケーションのパフォーマンスに注目が集まっています。

1. ウェブアプリケーションの高速化

グローバル企業は世界各地に顧客やパートナー・従業員を抱えているため、あらゆる地域から企業内アプリケーションへのアクセスがあります。企業内アプリケーションの接続不能や遅延は業務に重大な遅延やストレスをもたらし、会社収益へも大きく影響します。

2.動的コンテンツの高速化

ECや予約サイトなど、オンライン上での個人取引が目覚しい成長を続けています。国内EC市場は2013年に11兆円を超えたとされています。また、ウェブサイトを訪問したユーザの58%が、そのウェブサイトを再訪するかどうか決める際、パフォーマンスが決め手になると考えているようです。ウェブサイトのパフォーマンスを高めるうえで動的コンテンツの高速化は不可欠です。 ※ 経済産業省「平成25年(2013年)度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」より

動的コンテンツやウェブアプリケーションを高速化するCDN

CDNetworksなら、動的コンテンツやウェブアプリケーションも高速化することが可能です。
一般に動的コンテンツやウェブアプリケーションの高速化が難しいのは、これらは必ずウェブサーバ(以下、オリジン)との通信を必要とするという点にあります。しかし、CDNetworksは以下のような仕組みによってオリジンとユーザ間の通信を高速化します。

シールドサーバの利用と、TCPの最適化

CDNetworksは、キャッシュ配信で利用されるCDNサーバ(以下、エッジサーバ)に加え、オリジンに近い場所にシールドサーバを配置することで効率的なグローバルCDNプラットフォームを構成します。この配信プラットフォームは、コネクションプーリング、キープアライブ、ウィンドウサイズ調整、リカバリ高速化、圧縮などによりTCP通信を最適化します。TCP通信の最適化によって、RT数を削減し、エッジサーバとシールドサーバ間の通信を高速化することが可能となります。

シールドサーバの利用と、TCPの最適化

動的コンテンツやウェブアプリケーションの例
  • 統合型業務アプリケーション(ERP)
  • 営業支援(SFA)
  • 顧客管理(CRM)
  • 製品ライフサイクル管理(PLM)
  • サプライチェーン管理(SCM)
  • 電子設計自動化ツール(EDA)
  • 会計・経費精算ソフトウェア
  • ファイル共有
  • eコマース
  • eラーニング
  • 予約サイト
  • その他リアルタイム性の強いウェブサイトやサービスなど

関連する業種別ソリューション

CDNetworksは、以下のような業種のお客様のアプリケーション高速化に関わる課題を解決しています。導入事例や活用ケースについて詳しくは各業種別ソリューションのページをご覧ください。

関連プロダクト情報

動的コンテンツやウェブアプリケーションを高速化するCDNについて、詳しくは下記ページをご覧ください。 ダイナミック・ウェブ・アクセラレーション

CDNetworksのプロダクトラインナップについては、以下をご覧ください。
ウェブ・パフォーマンス・スイート

関連資料ダウンロード

導入事例やホワイトペーパー、会社概要などの資料ダウンロードは、以下よりどうぞ。           資料ダウンロードはこちら

ホワイトペーパー

WP-11:製造業向けホワイトペーパー インターネットレイテンシに負けないグローバル戦略
WP-11:製造業向けホワイトペーパー インターネットレイテンシに負けないグローバル戦略

IoTは製造業や企業のあり方を変えました。スマートプロダクトを購入する消費者も、製品やサービスを提供する従業員やビジネス拠点も、いまや世界中に分散しています。しかしそこにはレイテンシの問題が依然として存在し続けています。そこで本資料では、インターネットを通じたグローバルアプリケーション戦略において無視できないWAN高速化技術とその弱点、CDNを使ってインターネットレイテンシを克服する方法について紹介します。
スマートプロダクトにおけるIoTのレイテンシ、グローバルな企業内アプリケーションの遅延に課題をお持ちの方は是非ご覧ください。

ホワイトペーパーダウンロード

サービス全般に関するお問い合わせ

お問い合わせは、以下よりお気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら
PAGE TOP