アジア向けウェブ配信

成長著しいアジアの地域向けのウェブ配信もお任せください

アジア向けウェブ配信

アジア地域向けのウェブパフォーマンス向上を支援

東南アジアをはじめとした新興国市場が盛り上がりを見せるなか、これらの地域への事業進出、ウェブ配信を始める企業が増えています。しかし、東南アジア地域のITインフラ環境は日本に比べて未整備の状態であり、公開されているウェブサイトはパフォーマンスが著しく低く、ほとんど見られていない状態になっている可能性もあります。
CDNetworksはアジア随一の規模を誇るCDNプロバイダです。アジア地域向けのウェブ配信実績も豊富に有していますので、アジア地域向けのウェブパフォーマンスに課題をお持ちのお客様はぜひご相談ください。

アジア地域向けのウェブパフォーマンス向上を支援
出典:ITU - ICT Statistics

東南アジアから日本のウェブサイトを閲覧するとどれくらい時間がかかるのかを明らかにするため、インドネシア、シンガポール、フィリピン、マレーシア、ベトナム、そして日本から日本の大手企業22社のサイトを閲覧した際にかかる表示時間を調査しました。調査レポートは以下の関連資料ダウンロードのホワイトペーパー「東南アジアから見た日本のウェブサイト」をご覧ください。

表示時間を調査 表示時間を調査

関連する業種別ソリューション

CDNetworksは、以下のような業種のお客様のアジア向けウェブ配信に関わる課題を解決しています。導入事例や活用ケースについて詳しくは各業種別ソリューションのページをご覧ください。

関連プロダクト情報

アジア向けウェブ配信を安定化・高速化するCDNについて、詳しくは下記ページをご覧ください。 ダイナミック・ウェブ・アクセラレーション

CDNetworksのプロダクトラインナップについては、以下をご覧ください。
ウェブ・パフォーマンス・スイート

関連資料ダウンロード

導入事例やホワイトペーパー、会社概要などの資料ダウンロードは、以下よりどうぞ。           資料ダウンロードはこちら

ホワイトペーパー

WP-8:東南アジアから見た日本のウェブサイト-2014年9月3日~9月9日調査より
WP-8:東南アジアから見た日本のウェブサイト-2014年9月3日~9月9日調査より

ASEAN新興国市場への注目度が高まるなか、現地のインフラが未整備であることをリスクや問題であると感じる企業が多いようです。では、これらの地域で日本企業のサイトはどのように見えているのでしょうか?
本レポートは、2014年9月3日から一週間にわたり、インドネシア、シンガポール、フィリピン、マレーシア、ベトナム、そして日本から日本の大手企業22社のサイトを閲覧した際にかかる表示時間を調査したものです。
国内に比べ海外からウェブサイトを閲覧すると時間がかかってしまう原因、そして対策もあわせて紹介します。

ホワイトペーパーダウンロード

無料パフォーマンステスト

         

アジア向けウェブ配信について、CDN導入前後を比較するパフォーマンステストを承ります。
お申し込みは、以下よりどうぞ。
パフォーマンステストお申込み

サービス全般に関するお問い合わせ

お問い合わせは、以下よりお気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら
PAGE TOP