DNS・ロードバランシング/DNS・Load Balancing

世界中で速く信頼性の高い名前解決
柔軟性の高いトラフィック振り分けでWebサーバの負荷を分散

名前解決・ロードバランシング

クラウド型DNSを利用するメリット

DNSはエンドユーザのリクエストが最初に集中する場所であり、確実にWebサイトに到達するために常時利用可能で信頼性が高く、かつ迅速な対応を求められています。つまりDNSの名前解決のパフォーマンスが悪いと、Webサイトの表示速度にも直接影響してしまうのです。高いパフォーマンスによる名前解決と高い可用性で絶対に落ちないことこそが、クラウド型のDNSを利用する最大のメリットです。

CDNで負荷を分散するとは?

CDNetworksは世界中に200以上のPoP(配信拠点)を保有し、グローバル配信ネットワーク(CDNプラットフォーム)を形成しています。Webサイトへのアクセスが増え、Webサーバ(以下、オリジン)の負荷が高くなってくると、管理者は負荷を分散するために増設を検討するでしょう。しかし、CDNを利用すればその必要はありません。
CDNの最も基本的な考え方は、「エンドユーザに近いところからWebコンテンツを届ける」ということです。つまり、エンドユーザがお客様のWebサイトにアクセスすると、CDNetworksのGSLB(グローバルサーバロードバランサ)が、エンドユーザを最も近くて最適なPoPへと誘導します。各PoPには、オリジンから取得したコンテンツがキャッシュ(コピー)されており、アクセスしてきたエンドユーザにWebコンテンツを素早く届けます。
結論、お客様はWebサーバを増設することなく負荷分散を実現できるのです。オリジンを増設するのと違い、設備や運用コストの心配もいりません。使った分だけ課金されるため、拡張性と可用性を同時に高めることができます。

ロードバランシングもクラウドで

すべてをCDNで配信するのではなく、クラウドやデータセンター、オリジンといった複数のインフラを活用してトラフィックのコントロールを行いたいというニーズには、クラウド・ロードバランサの利用をお勧めします。
CDNetworksのクラウド・ロードバランサは、世界25か所以上の拠点に分散配置された、DNSレイヤで動作するクラウド型のロードバランサです。日本国内と海外からのアクセスを振り分ける、トラフィックの40%をクラウドに割り当てて、残りをCDNになど、ポリシーの設定により柔軟なインフラ運用が可能となります。

サービス&プロダクト情報

信頼性の高く、高パフォーマンスで名前解決をする「クラウドDNS」と柔軟なトラフィックコントロールでオリジンの負荷分散をする「クラウド・ロードバランサ」、詳しくは下記ページをご覧ください。
クラウドDNS クラウド・ロードバランサ

CDNetworksのプロダクトラインナップについては、以下をご覧ください。
ウェブ・パフォーマンス・スイート

関連資料ダウンロード

導入事例やホワイトペーパー、会社概要などの資料ダウンロードは、以下よりどうぞ。           資料ダウンロードはこちら

サービス資料

クラウド・ロードバランサ / Cloud Load Balancer
クラウド・ロードバランサ / Cloud Load Balancer

クラウド・ロードバランサは、世界25か所以上の拠点に分散配置されたDNSレイヤーで動作するサービス利用型の負荷分散サービスです。当社のCDNサービスだけでなく、クラウド(IaaS)やデータセンター、自社サーバといった他のインフラとの組みあわせにおいて、柔軟に、迅速に、そして確実にトラフィックをコントロールすることが出来ます。

サービス資料ダウンロード

サービス全般に関するお問い合わせ

お問い合わせは、以下よりお気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら
PAGE TOP