国内向けWebサイト高速化/Local Web Acceleration

大規模トラフィック・リッチ画像・大容量ファイルのダウンロードなどの
高速で安定した配信を強力サポート

国内向けWeb配信

国内向けWebサイト高速化のよくある課題

  • アクセス集中による突発的なWebサイトの表示遅延やダウン、接続の不安定さ
  • インフラの処理能力や回線の帯域不足によるWebサイトの表示遅延
  • アクセスの伸長による慢性的なインフラ能力の不足

コンテンツのリッチ化やムダの多いWebサイト構成により、インフラの処理能力や回線の帯域が不足することで不安定になったり表示遅延が発生したりします。その解決方法には、主に次の3つが考えられます。
①Webの構成やコンテンツに手を入れる、②インフラを増強する、③CDNを導入する
しかし、それぞれにメリット・デメリットが存在します。CDNetworksは、CDNによる課題解決をご提案します。

国内向けWebサイト配信課題の解決策とそれぞれのメリット・デメリット

国内向けWeb配信課題の解決策とそれぞれのメリット・デメリット

CDNによる国内向けWebサイト配信課題の解決イメージ

CDNによる国内向けWeb配信課題の解決イメージ

CDN未使用の場合、インフラのキャパシティに迫る大規模なリクエストが直接Webサーバに到達するため、リソースを圧迫し、Webサイトの表示速度が不安定で遅くなってしまいます。
しかしCDNを利用すれば、大量のリクエストの大半はCDNのプラットフォームがWebサーバに代わって処理するため、エンドユーザへの表示遅延が解消し、高速に表示されるようになります。
また、キャッシュ(コピー)できるコンテンツ(静的コンテンツ)はCDNにキャッシュされ、CDNがWebサーバに代わってエンドユーザのリクエストに応えてコンテンツを配信するため、Webサーバへ到達するリクエストはキャッシュできない動的コンテンツなどの一部のみとなり、それまでと比較してごく少量のアクセスとなるため、トラフィックがWebサーバリソースを圧迫することがなくなります。

導入効果

導入効果

これは、国内向けWebサイトの配信課題解決のためにCDNを導入した際の効果を測定した例です。
CDNを導入していない場合、時間帯によってパフォーマンスに大きくばらつきが生じています。CDNの導入後は、速くて安定したパフォーマンスが実現できています。

このように、国内向けWebサイトにおけるCDN活用は、大容量ファイルのダウンロード高速化、リッチ画像など重たいファイルの配信高速化、大規模トラフィックや突発的なアクセス集中によるサーバ負荷軽減などの場面で役立ちます。

サービス&プロダクト情報

国内向けWebサイトの配信を安定化・高速化するCDNについて、詳しくは下記ページをご覧ください。 コンテンツ・アクセラレーション

CDNetworksのプロダクトラインナップについては、以下をご覧ください。
ウェブ・パフォーマンス・スイート

関連資料ダウンロード

導入事例やホワイトペーパー、会社概要などの資料ダウンロードは、以下よりどうぞ。           資料ダウンロードはこちら

サービス資料

コンテンツ・アクセラレーション / Content Acceleration
コンテンツ・アクセラレーション / Content Acceleration

コンテンツ・アクセラレーションは、画像・動画・FLASHなどの静的コンテンツ(キャッシュ可能なコンテンツ)を世界中に配置されたCDNのPoP(配信拠点)にキャッシュ(コピー)し、エンドユーザに一番近い最適なCDNのPoPからコンテンツを配信することで、Webサイトの高速化・安定化・信頼性向上を実現します。 配信距離が長い、配信するコンテンツが大量、アクセス負荷が高い、といった問題を抱えているWebサイトの高速化に最適です。

サービス資料ダウンロード

サービス全般に関するお問い合わせ

お問い合わせは、以下よりお気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

関連する業種別ソリューション

CDNetworksは、以下のような業種のお客様の国内向けWebサイトの高速化に関わる課題を解決しています。導入事例や活用ケースについて詳しくは各業種別ソリューションのページをご覧ください。

PAGE TOP